So-net無料ブログ作成
検索選択

「特定、解明に至らず」=長官銃撃で警視庁幹部(時事通信)

 国松孝次警察庁長官(当時)銃撃事件の公訴時効を受け、警視庁の青木五郎公安部長は30日、記者会見し、「刑事責任の追及に足る証拠をもって特定、解明するには至らなかった」と語った。
 青木部長は「警察トップを対象とした卑劣な個人テロについて、法の裁きを受けさせることなく、時効を迎えたのは誠に残念」と話すとともに、捜査に協力した国民や関係機関への感謝の言葉を述べた。 

【関連ニュース
【特集】国松警察庁長官銃撃事件〜ついに時効!〜
〔写真特集〕地下鉄サリン事件
〔用語解説〕「警察庁長官銃撃事件」
事件関連で射撃残さ付着か=コート、アタッシェケース
数日前、「長官車ですか」=現場周辺で複数不審男

救急搬送の妊婦死亡 業務上過失致死容疑で当直医送検(産経新聞)
共産書記局長「内閣解体状態だ」(産経新聞)
元会社員に求刑通り無期=夫婦殺害、放火−長野地裁支部(時事通信)
<アートナイト>一夜限り 街は美術館 東京・六本木(毎日新聞)
別のわいせつ行為で再逮捕へ、教え子暴行の米国人(読売新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。